HTML5タグ虎の巻

ddタグ

ddは、定義リストの「説明」を作成するタグです。

解説

ddタグは、dlタグの子要素として使用します。
dlタグの子要素には他に dtタグの指定が必要です。

コンテンツ・モデル

カテゴリー
(自カテゴリ)
なし
コンテキスト
(親カテゴリ)
dlタグ
コンテンツ・モデル
(子カテゴリ)
フロー・コンテンツ

属性

ddタグには以下の属性が指定できます。

【主要グローバル属性】
属性説明
classクラスを指定する
(例)class="hoge"
idIDを指定する
(例)id="foo"
styleスタイルを指定する
(例)style="color:red;"
titleツールチップを指定する
(例)title="補足情報です"
tabindexTabキーによる移動の順番を指定する
 正数:指定した数値の順にフォーカス移動される
 負数:フォーカスは可能だが、タブ移動時はフォーカス対象とならない
(例)tabindex="10"

その他のグローバル属性値については、グローバル属性をご覧ください。

サンプル

ddを使ったサンプル

<dl>
  <dt>Java</dt>
  <dd>1995年にサン・マイクロシステムズによって公開されたオブジェクト指向言語。</dd>
  <dt>VB.NET</dt>
  <dd>マイクロソフトが開発したプログラミング言語で、VisualBasicの後継言語。</dd>
  <dt>PHP</dt>
  <dd>オープンソースのプログラミング言語で、サーバーサイドWebが得意。</dd>
</dl>
Java
1995年にサン・マイクロシステムズによって公開されたオブジェクト指向言語。
VB.NET
マイクロソフトが開発したプログラミング言語で、VisualBasicの後継言語。
PHP
オープンソースのプログラミング言語で、サーバーサイドWebが得意。

備考

  • ddは「definition description」(定義記述)の略です。
  • 見た目を変更したい場合はCSSを適用させてください。

関連項目

  • dl:定義リストを作成する
  • dt:定義リストの「定義」を作成する
  • dd:定義リストの「説明」を作成する