HTML5タグ虎の巻

headerタグ

HTML5

headerは、HTML文章内でヘッダー領域であることを表すタグです。

解説

ヘッダー領域とは一般的にページの一番上にあり、ページタイトルが表記などがされている領域です。

headerタグを使用してもデフォルト状態では見た目は変化ありませんので、見た目を変えたい場合はCSSを適用させてください。

headerタグはHTMLの文章構造を明確にさせることを目的として使用します。

コンテンツ・モデル

カテゴリー
(自カテゴリ)
フロー・コンテンツ
コンテキスト
(親カテゴリ)
フロー・コンテンツを許可する場所
コンテンツ・モデル
(子カテゴリ)
フロー・コンテンツ
mainタグheaderタグfooterタグ は不可。

属性

headerタグには以下の属性が指定できます。

【主要グローバル属性】
属性説明
classクラスを指定する
(例)class="hoge"
idIDを指定する
(例)id="foo"
styleスタイルを指定する
(例)style="color:red;"
titleツールチップを指定する
(例)title="補足情報です"
tabindexTabキーによる移動の順番を指定する
 正数:指定した数値の順にフォーカス移動される
 負数:フォーカスは可能だが、タブ移動時はフォーカス対象とならない
(例)tabindex="10"

その他のグローバル属性値については、グローバル属性をご覧ください。

サンプル

headerタグのサンプル

<header>ヘッダーです。</header>

備考

  • headerの読みは「ヘッダー」です。
  • headerタグはHTML5から新たに追加になったタグです。

関連項目

  • address:問合せ先を表す
  • article:HTML文章内で記事領域であることを表す
  • aside:補足情報を表す
  • footer:フッター領域であることを表す
  • header:ヘッダー領域であることを表す
  • main:ページのメインコンテンツを表す
  • nav:HTML文章内でナビゲーション領域であることを表す
  • section:ひとつのセクションであることを表す