HTML5タグ虎の巻

videoタグ

HTML5

videoは、動画を埋め込むタグです。

解説

videoタグを使うと、プラグインのインストールが不要で簡単に動画を埋め込むことができます。

環境によって異なるフォーマットのファイルを用意したい場合は、子要素にsourceタグを指定します。

コンテンツ・モデル

カテゴリー
(自カテゴリ)
フロー・コンテンツ
フレージング・コンテンツ
エンベッディッド・コンテンツ
インタラクティブ・コンテンツ
コンテキスト
(親カテゴリ)
エンベッディッド・コンテンツを許可する場所
コンテンツ・モデル
(子カテゴリ)
trackタグ、sourceタグ

属性

videoタグには以下の属性が指定できます。

【属性】
属性説明
src動画ファイルを指定する
(例)src="sample.mp4"
posterポスター画像を指定する
(例)poster="sample.jpg"
※ポスター画像とは、どのような動画かを表す画像です
autoplay動画を自動再生する
(例)自動再生したい場合 ⇒ autoplay
controlsコントローラー(再生・停止ボタン等)を表示する
(例)コントローラーを表示したい場合 ⇒ controls
loop繰り返し再生する
(例)繰り返し再生をしたい場合 ⇒ loop
width表示エリアの幅を指定
(例)width="300"
heightの表示エリアの高さを指定
(例)height="200"
preload事前読込み方法を指定する
 auto:事前読込みする(デフォルト)
 metadata:メタデータのみ事前読込みする
 none:事前読込みしない
(例)preload="none"
【主要グローバル属性】
属性説明
classクラスを指定する
(例)class="hoge"
idIDを指定する
(例)id="foo"
styleスタイルを指定する
(例)style="color:red;"
titleツールチップを指定する
(例)title="補足情報です"
tabindexTabキーによる移動の順番を指定する
 正数:指定した数値の順にフォーカス移動される
 負数:フォーカスは可能だが、タブ移動時はフォーカス対象とならない
(例)tabindex="10"

その他のグローバル属性値については、グローバル属性をご覧ください。

サンプル

動画(sample.mp4)を埋め込む

<video src="sample.mp4">
  <p>お使いの環境ではvideoタグに対応していません。</p>
</video>

初期表示時点では動画は再生されません。

動画(sample.mp4)を埋め込み、自動再生する

<video src="sample.mp4" autoplay>
  <p>お使いの環境ではvideoタグに対応していません。</p>
</video>

初期表示時点で動画は再生されます。

動画(sample.mp4)を埋め込み、自動再生し、コントローラーを表示する

<video src="sample.mp4" autoplay controls>
  <p>お使いの環境ではvideoタグに対応していません。</p>
</video>

初期表示時点で動画は再生され、コントローラーが表示されます。

動画(sample.mp4とsample.webm)を埋め込み、ポスター画像(sample.jpg)を指定する

<video poster="sample.jpg">
  <source src="sample.mp4">
  <source src="sample.webm">
  <p>お使いの環境ではvideoタグに対応していません。</p>
</video>

備考

  • videoタグは、HTML5から新たに追加になったタグです。

関連項目

  • source:ファイルを複数指定する
  • audio:オーディオファイルを埋め込む